ウォーターサーバーが水道水よりも汚いから飲むなは飛躍し過ぎの悪質な論法

ウォーターサーバーと水道水は何かと比較される対象でどちらも信者のような人がいる気がします。水道水を飲んでもいない癖に、ウォーターサーバーの水は水道水よりも汚いから飲まないほうが良いとわけのわからないことを言う人がいます。

なぜ争う必要もないことを争うのか理解に苦しみますがウォーターサーバーがなぜきたないから飲まないほうが良いなどと言われているのでしょうか。 まず水道水とはどんな水なのかから考えていきましょう。

水道水は衛生的ではあるがカルキや塩素がきになる

水道水を否定するわけではないですが個人的には水道水はカルキ臭いし塩素が入っている点だけが気になる点です。

水道水は水道局により管理され完璧な殺菌消毒等を行われ各家庭に届けられます。水道水を飲んで何か問題が合った事例ってほとんどないのに確かに水道水は危険というよくわからない情報が流布され飲んでいないという人は多いでしょう。井戸水のほうが圧倒的に飲む人少ないのにニュースに取り上げられる件数は多いですから確率論でいっても水道水は圧倒的に安全であると言えます。

だから飲むというわけにはいかないんですよね。やはり今の時代の人間は天然水や人口的でないお水が美味しいという情報を私も含めですが植えつけられています。これはもうしかたないことで、そっちのほうが美味しく感じてしまうのですから美味しいほうを飲めばいいのではというのが私の意見。

ウォーターサーバーの水が汚い、不潔と否定されるわけは?

気になるのは、ウォーターサーバーの水は危険という意見です。

結論から言うとウォーターサーバーの水も安全です。批判者の意見としては水道水はウォーターサーバーよりも安全。という理由を明確に書いていません。水道局の厳しい50以上の項目をクリアしているといい「塩素」についてはあまり触れていません。塩素を水道水に入れる理由はもちろん殺菌消毒のためです。

安全であるというのは塩素を使っているかいないかという差くらいではないかと個人的には考えていてウォーターサーバーも塩素を入れればそりゃ安全になるだろうと。

ちなみに塩素には毒性があると言われているので有害物質ともいえます。反面菌にもつよいので殺菌消毒としては優秀といえます。

塩素が入っていないから安全ではないという論法は過剰な批判にしか見えません。ウォーターサーバーは大手になると検査項目200を超えるチェックを行い安全性に磨きをかけています。塩素を入れたらカルキくさくなるから私的にはもうウォーターサーバーを頼むことは無くなるでしょう。

ウォーターサーバーが汚いといわれるんのはボトル型のサーバーで空気に触れてしまうからというのが理由としてあげられそうです。空気中に細菌がいたら確かにという面は私には否定できませんが、最近の最新型のウォーターサーバーはどちらかといえばパック式で空気に一切触れないものを採用している会社が多いです。無菌エアパックという技術ですが、工場で作られた水を無菌で包んでいる為問題ない品質だと思う訳です。

ウォーターサーバー関連で食中毒になったとか事例はあるの?って話

実際ウォーターサーバーの水を飲んで食中毒になったっていう話は事件として取り上げられたことってないんじゃないでしょうか。夏真っ盛りになるとお肉とか飲食店での食べもので食中毒に・・!というニュースは流れますけどね。ウォーターサーバーはないですよね。

ウォーターサーバー否定派の人はウォーターサーバーの蛇口にも細菌が沢山いるから危険です!とかどうしても悪ものにしたてあげたいようですが、そうなると水道水の蛇口にも最近はいるわけで。。。環境としては同じなのでそこを衛生的に保つのはセルフクリーニングは必要ですよねと。

COPYRIGHT© ナチュラルミネラルウォーターとは? ALL RIGHTS RESERVED.